二十四節季

スポンサーリンク
スポンサーリンク

二十四節季、七十二候とはどんなもの?
夏は昼が長く暑い、冬は昼が短くて寒い。こうした太陽の動きをもとにした季節の目安が「二十四節季」。地球が太陽の周りを一周するのを一年とし、一年を24分割。立春、立夏、立秋、立冬を区切りに4つの季節を設定し、それぞれの季節を6つ節季に分け、正しく季節を把握するために使われてきた。

「七十二候」は日本独自に発達した暦で、「桃始笑」(桃初めて咲く)というように、その季節に起こることを短い言葉で表現。あらゆる自然の変化を皆で共有し、農作業などの暮らしの目安としてきた。

引用元:大日本印刷 にっぽんの七十二候

一年を24分割した二十四節季、その24分割をさらに3つに分けたのが七十二候。
日数では5日ごとの気候を表します。

二十四節季
立春雨水啓蟄春分清明、 穀雨、
立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、
立秋 、処暑、白露、 秋分、 寒露、霜降、
立冬、小雪、大雪、 冬至小寒大寒

少し気にとめてみると見えてくるカレンダーや暦の中の二十四節季、七十二候。
それぞれの季節にある風景や行事、おいしい旬な食べ物を見つけてみる。暮らしに暦を重ねてみると一層楽しくなってす。