こよみ

こよみ

芒種、梅もつけごろ

二十四節気での芒種(ぼうしゅ)、 2023年の芒種は6月6日(火曜日) 夏の始まりを告げる時期で、作物が穂をつけ 始める時期。 店頭にも、梅干し作りにつかう梅、らっきょう、 新生姜などが並んでいます。...
こよみ

麦秋至 むぎのときいたる

5月下旬の小満(しょうまん)のころ、 七十二候の末候では 「麦秋至」(むぎのときいたる) 時期は、おおよそ5月31日~6月4日ごろ。 麦畑には麦の穂が実りをむかえる時期。 麦秋は、豊かな収穫や繁栄の象...
こよみ

紅花栄 べにばなさく

5月下旬の小満(しょうまん)のころ、 七十二候の次候では 「紅花栄(べにばなさく)」 時期は、おおよそ5月26日~30日ごろ。 6月~7月上旬、紅花の花の見ごろ。 その紅花は、染料や漢方、料理など 幅...
こよみ

蚕起食桑 かいこおきてくわをはむ

5月下旬の小満(しょうまん)のころ、 七十二候の初候では 「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」 時期は、おおよそ5月20日~25日ごろ。 蚕は、繭を作ることで知られています。 桑の葉を主食とし、繭を...
こよみ

小満、ばらが見ごろ

二十四節気での小満(しょうまん)、 2024年の小満は5月20日(月曜日) 先月にやってくるツバメの巣には、 何羽ものヒナの姿がみえます。 窓の外からも、ピーピーと鳴き声が 聞こえています。 早速、野...
こよみ

竹笋生 たけのこしょうず

5月中旬の立夏(りっか)のころ、 七十二候の末候では 「竹笋生(たけのこしょうず)」 時期は、おおよそ5月15日から19日ごろ。 普段はとれた皮のついたままの姿は 店頭では時期以外では見ないたけのこ。...
こよみ

蚯蚓出 みみずいずる

5月上旬の立夏(りっか)のころ、 七十二候の次候では 「蚯蚓出(みみずいずる)」 時期は、おおよそ5月10日~14日ごろ。 ミミズも目を覚まし、土からでてくる。 田畑など、ミミズのいるのはよい土、 土...
こよみ

立夏 藤の花も見ごろ

二十四節気での立夏(りっか)、 2024年の立夏は5月5日(日曜日) 日によっては暑いくらいの時期。 連休ともなると、どこも沢山の人で賑わい、 混雑、渋滞はもちろん覚悟しても、 やっぱり見たいこの時期...
こよみ

牡丹華 ぼたんはなさく

4月中旬の穀雨(こくう)のころ、 七十二候の末候では 「牡丹華(ぼたんはなさく)」 時期は、おおよそ4月30日から5月4日ごろ。 このころ、いろいろなところで見事な 大きな花を咲かせる牡丹。 赤や白、...
こよみ

穀雨、緑が鮮やかに

二十四節気での穀雨(こくう)、 2024年は4月19日(金曜日) 春が来て少しすぎると、そろそろ種まきの季節。 作物に大切な雨、この時期には作物の豊作を願い、 種をまく時期を暦の穀雨は表しています。 ...
こよみ

清明 見上げた空

二十四節気での清明(せいめい)、 20234年は4月4日(木曜日)。 万物が清らかで生き生きとした様子を 表す意味の清明。 辺りの木々や植物も芽をだし、 葉や花が咲く気持ちのよい時期。 もう少したつと...
こよみ

桜始開 さくらはじめてひらく

3月中旬の春分(しゅんぶん)のころ、 七十二候の次候では 「桜始開(さくらはじめてひらく)」 時期は、おおよそ3月25日~3月30日ごろ。 桜の開花、各地で咲きはじめます。 身近な近くでも、あちらこち...
こよみ

春分 あたたかい日差し

季節と暮らし、こよみを重ねてみる。おいしい旬の食べ物や季節ごとの過ごし方。ローズマリー、ユーカリ、レモン、スィートオレンジ、ミント、スギ、ヒノキなどのアロマやハーブ。
こよみ

啓蟄 春がきます 

二十四節気での啓蟄(けいちつ)。 2024年の啓蟄は3月6日(月曜日) 3月になるころ、春を待っていた生き物も 土の中から地上へと出てきます。 木々の新芽も芽吹き、日差しや風、風景が 柔らかな色になっ...
こよみ

雨水 ひなまつりに桃の花

二十四節気の雨水(うすい)は 2024年の雨水は2月19日(月曜日)。 寒い冬からだんだんと暖かくなり、 冷たい雪が雨に変わり木々や草木も大地も あたたかい春へ。 もうすぐ来る3月、3日はひな祭り、 ...