みそ

大豆でつくる「みそ」。

保存食でもある調味料は、食卓になくてなならないと言っていいほど身近にあるものです。また、作る過程では、大豆に麹(コウジ)と塩をくわえて待つこと数か月、みそは発酵食品でもあります。

大きく分けても米みそ・麦みそ・豆みそ・調合みそと4種類に分かれ、そのほかみその材料の違いや各地域で作られるものなど、種類も多くあります。お味噌汁のように食べるものからおかずとして食べられるものまで。

みそをつくるなら時期は1月~2月頃が最適、6か月ほどでできる調味料です。

仕込みの時期としては1月~2月の寒い時期がよいとされるは、仕込みの段階で細菌の発生がおさえられるは寒い時期であり、発酵になるころは暖かい時期になるということで発酵、熟成にはいいようです。

八丁味噌の工場見学 も参考になります。
八丁味噌の工場見学
大豆
みそ