フサフサした赤い色

いっぱい咲いていたノゲイトウ


白から濃い桃色になるグラデーション、
細長くふわふわとした形の「ノゲイトウ(別名:セロシア)」。
たくさん咲いていました。

ノゲイトウはケイトウ(鶏頭)と付きますが、そのケイトウとは
見た目は随分と違います。

「ケイトウ」の花は、名前のとおり鶏のトサカによく似ています。
濃い赤色や黄色などもよく見られ、花の赤い部分の
光沢のあるベルベットのような見た目も特徴です。

ノゲイトウは、そのケイトウとは形も違う、
細長くろうそくの様な形をしています。
フワフワとした形の花がいっぱいに咲き、
濃い桃色がとても鮮やかです。

10月ごろまで咲くノゲイトウ、
まだまだ見られそうです。


[ノゲイトウ(野鶏頭)]

暖地の畑なに見られる一年草。高さ40~100cm。花序は淡紅色から白色で、多数の花が密生します。熱帯に広く分布し、本州から沖縄に帰化している。

引用元:自由散策が楽しくなる花図鑑 株式会社PHP研究所
ノゲイトウ
処暑、少しづつ秋へ
田園風景も実りの秋へ二十四節気での処暑(しょしょ)、2023年の処暑は8月23日(水曜日)暑い日が続いていますが、少しづつ秋へと変わる様子も感じられるように。七十二候でも「禾乃登 こ...

季節
スポンサーリンク
いろあそび