小寒

スポンサーリンク
スポンサーリンク


二十四節季での小寒(ショウカン)、寒さも本格的になりお正月を少し過ぎたころです。寒さは厳しいながらも新春や初春など、ちらほらと春を感じられる季節。
2022年の小寒は1月5日(水曜日)。

この後の1月7日は「七草」。七草がゆを食べる日。
「一年、何事もなく過ごせますように」と無病息災を願い、春の七草を入れた七草がゆをいただきます。
春の七草にもあるせりは水田や水辺、湿地帯などで多く育ち独特の良い香りがします。冷たい水で育つせりは春がくることを知らせてくれるようです。

そして地面も少しづつ春に向かって温かくなっていく、春はもう少しです。

七十二候では
「芹乃栄」(せりすなわちさかう)
「水泉動」(しみずあたたかをふくむ)
「雉始雊」(きじはじめてなく)