梅ぼし



6月〜7月は梅干しづくり。
梅干しづくりに使う道具あれこれ
・ざる
・容器
・重石


梅干しづくりでは、梅を塩漬けしたあとに時期にあわせて「土用干し」。
土用干しは、梅雨が明けたときに塩漬けした梅をザルなどに並べて3日間干すこと。大きめのザルに梅と梅の間隔を十分にとります。ざるのサイズも豊富です。梅の量や干す環境に合わせて、サイズを選びます。

梅干しづくりは出来上がっていく過程を見られるのもたのしい時間。そして出来上がったらそれもまた年数ごとの梅干しを保存容器に並べたり・・・。

保存容器もサイズや形も様々あり、梅干しの完成までにあれこれと時間をかけて選びたいものです。 梅干し以外の保存食や乾物ないろいろと並べてみては。